FC2ブログ

== たてぶえ探偵団 ==

続: フルートの曲をリコーダーで吹く方法

前回バロックフルートの曲をリコーダーで吹くために行なわれていた楽譜の読み替え法を説明しました。今回、その方法において、それぞれの曲の調をあらわすシャープとフラットをどうやって移し替えるのかを説明します。○○調という用語は使わず、シャープやフラットがいくつあるかで判断できるようにしてみます。


これからお話しするのは音楽の理論に関することですが、どちらかと言えば初級者むけです。調号に関することが既に分かっている人には説明不要なことです。

まず、いくつかの調による具体例を表の形で示します。見比べて検討して下さい。

左側は、バロック時代の横ふきフルート、つまりフラウト・トラヴェルソの楽譜で使われている代表的な調号です。

右側は、それをリコーダー読み替えるときの調号です。現代の初心者に説明しやすいようヘ音記号で書きましたが、実際には2オクターブ上の音をアルト・リコーダーで吹きます。勿論、バスやコントラバスのリコーダーで吹くことも可能です。

フルートの楽譜リコーダーの楽譜
シャープが4つシャープが1つ
シャープが3つシャープもフラットも無し
シャープが2つフラットが1つ
シャープが1つフラットが2つ
シャープもフラットも無しフラットが3つ
フラットが1つフラットが4つ


どうですか? 法則性に気づきましたか。

そうです。シャープ (♯) を3つ減らすか、フラット (♭) を三つ増やせば良いのですね。

ここに具体例を示さなかった調でも、同じ様に♯を3つ減らすか、♭を三つ増やせば、バロックフルートの楽譜を見てリコーダーで演奏することができるというわけです。

それでは、フルートの楽譜を見つけて、試してみて下さい。

関連記事
スポンサーサイト

┃ Tag:リコーダー バロック フルート 読み替え

┃ テーマ:リコーダー ━ ジャンル:音楽

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:00:12 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://blockflote.blog135.fc2.com/tb.php/16-ac09c6cf
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next